TOPに戻る
Google

医療者のメンタルヘルスケア・シンポジウムのご案内

みなさま、

こんにちは、ちーひめです。

今日は、ちーひめの友人の舘有紀、そして、
泉和秀の登場するシンポジウム「医療者の心を守る」
のご紹介をさせてくださいね。

関心がおありの方がいらっしゃいましたら、
私の管理サイトのひとつ、
医療者のメンタルヘルスケアのサイトをぜひ覗いてみてください。

そこで、なにか、心に響くものがありましたら、
以下が、そのシンポジウムのご案内ですので
読んでいただければ、嬉しく思います。

ーーーーーー

シンポジウム「医療者の心を守る」が、以下の
日程で開催されます。

平成18年8月20日(日)午前9時〜10時30分

参加費がかかりますが、関心のある方はいらして下さい。

(社)地域医療振興協会・小児心身医学会共催
     第5回地域医療学術集会

日時:平成18年8月19日(土)〜20日(日)

場所:都道府県会館 1階および4階
   東京都千代田区平河町2-6-3
   東京メトロ永田町駅下車

対象:地域医療に従事する医療関係者、医療系学生、その他

参加費:会員(地域医療振興協会)5000円
    非会員 医師5000円 その他の職種の方3000円

以下のHPに、学術集会のプログラムが掲載、
参加申し込みも可能

社団法人 地域医療振興協会 http://www.jadecom.or.jp 

連絡先 (社)地域医療振興協会 公益事業部 堀江
 
102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1 
      日本都市センター会館9階

   TEL 03-5275-1051 FAX 03-5275-1052

シンポジウム 「医療者の心を守る」

平成18年8月20日(日)9時〜10時30分

司会 地域医療振興協会 石岡第一病院内科 舘有紀

シンポジスト

★大阪医科大学小児科 田中英高
   医療者の心を守る:いま私達ができること
★滋賀県立精神医療センター 泉和秀
   一精神科医の立場から:限界設定について
★筑波大学大学院人間総合科学研究科 看護科学系 上野恭子
   若い看護師が感じるジレンマとメンタルヘルス
★茨城キリスト教大学 栗原加代
   ターミナルケアでぶつかる壁:
自分自身が燃え尽きないために!

posted by ちーひめ at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑感・一言

心身一如「病気になって良かった」って言うために

病気になって良かった・・。
こんな題をつけてみたけど、実際は
そんな風には、なかなか思えないよね。

病気って、ほんとに辛いものね。
痛み、痒さ、苦しさ。
表面だけ見たら、良いことなんか何もない。

できることなら、病気になんか
ならないほうが良いに決まってるよね。
避けられるなら、避けたいよね。

でも、それでも、なってしまったときには
どう考えたらいいのでしょう?

体と心は密接に繋がっているって、
いろんな人が語ってくれてますよね。
クヨクヨ悩んでいるときには胃が痛くなったり
怒りにまかせているときは血圧が上がったり、
そういうことはよく聞くことだしね。

だとしたら、病気になっているときって
自分を病気にしている「不幸な心」を変える
素晴らしいチャンスともいえるんじゃないかな。

私たちって、追い詰められないと
なかなか自分を変えられない。

しんどいな、と思っても、
「まあ、こんなもんだよね」と現状維持をする、
それって、(私には)よくあることだもの。

だから、直面せざるを得ない問題を
与えてもらえるっていうのは、ある意味
不幸を呼び込む傾向性を
幸福を呼び寄せる傾向性に変えていくチャンス
でもあるって思う。

病気(不幸)をきっかけにして、
病気になる前よりもっと幸福になった。


そう言えるようになれたらいいね。

どんな出来事が起こっても、それは
より大いなる幸福を手にするために与えられた
ジグソーパズルの一片にしかすぎない。

苦しみの渦中にあるときは、
なかなかそうは思えないんだけど、
そう頭で知っているだけでも、違う。

幸運は、不運を装ってやってくること
がよくある。


周りの色んな人を見ていて
そして自分の人生を振り返って
そう実感している今日このごろです。
posted by ちーひめ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑感・一言

狭い場所でもできる真向方という健康法・体のゆがみ、背骨・骨格の歪みを矯正し、ストレッチで体も柔軟に!

ね〜、ちーひめ、真向方(まっこうほう)って知ってる?

友人たち、何人かに聞かれた。

え?知らないけど、それって、なあに?

いや〜、僕もうまく説明できないんだけどね、
渡辺昇一さんもやっててね(ホントか??)
すごい体にいいんだって。

僕はね、毎朝決まった時間に座ってね、
体を前に倒していってるんだけどね、
最初は固かった体が柔軟になってきてね、
今では、足の先に楽々手が届くよ。

最初はできなくてもね、
諦めないで、毎日やってたら、だんだんね
体が柔らかくなってくるんだよ。

う〜〜〜ん、これだけの説明では
よく分からないよ〜〜!

ということで、サイトを探したところ、
分かりやすく図解してくれてるサイトを
見つけました。

真向方のやりかたを画像で説明したサイトはここ

体、骨格、背骨のゆがみを直すことって
大事だし、健康によさそうだから、
ちーひめも、この図解をみて、
真向方を始めてみようかな〜〜と思ってます。

ちーひめ自身も、このサイトの画像を参考にしたいので、
記録のためにも、とりあえずアップしておきま〜す。

ああ、それからね、
高血圧対策研究室サイトの管理人の横田さんも、
真向方のサイトを教えてくれたので、そこも紹介するね。
以下は、その横田さんがくれたメッセージ。

真向法協会のホームページがありました。
http://www.makkoho.or.jp/
体操は4つです。ヨガにも同じポーズがあります。
とにかく無理をせず、継続的にやることですね。

みんなも、一緒にやってみませんか?


posted by ちーひめ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑感・一言

抱腹絶倒「医学生時代」 〜 J医大にいらっしゃい 〜
医学生・浪人生・医学部受験生・新米医者・研修医、医学生の寮生活を覗いて見たい人、みんな、みんな、いらっしゃい!

なあ、ちーひめ〜〜

突然、ちー友の内科医、橘ゆうき が言った。

あのさあ、私ね、昔、エッセー書いてたのよ。
医学生時代のことを書いたんだけどね、
けっこう好評で、賞も貰ってね、
もうちょっとで本になるところだったの。

へ〜〜、すごい!何の賞を貰ったの?

忘れたけど、賞金は10万円だった〜。

・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・

ああ、類は友を呼ぶ。@@@@@ 

ちー友、ちー家族には、どうしてこうも、
記憶力抜群の人ばっかりいるのでしょうか。。。。

ふ〜〜ん、忘れたのか。けど、まあ、いいよ。
それ、ちーひめが、サイトに出してあげようか??

ということで、始まったのが、このサイト。

抱腹絶倒「医学生時代」
      〜 J医大にいらっしゃい 〜


医学生、新米医者、医学部受験する浪人生、
医者になりたいと夢みている若者たち、
こんなはずじゃなかったと泣いてる研修医さん、
そろそろ疲れてきたベテランのお医者さん、
医学生の生活をのぞいてみたいという人などなど
みんな、みんな、いらっしゃい。

橘ゆうきの「白衣が似合わない時代」でございます。

抱腹絶倒「医学生時代」に行ってやってもいいぞ、
という親切な方々がクリックする場所。


★ 今アップしているコンテンツ

【1】前書き
【2】J医科大学・医学部受験の日
【3】J医科大学入学試験、個人面接
【4】J医科大学、入寮の日
【5】J医科大学、学生寮の部屋
【6】J医科大学、入学式前日
【7】J医科大学 ちょっと変わった入学式
【8】 真夜中の白衣 その1  
【9】 真夜中の白衣 その2
【10】真夜中の白衣 その3  
【11】女子医学生の居場所 
【12】女子医学生のお風呂場事情  
【13】J医科大学の教育 
【14】ドイツ語の花梨先生1 
【15】ドイツ語の花梨先生2 
【16】ドイツ語の花梨先生3 
【17】J医科大学、初めての試験 
【18】J医科大学、生物学実習 
【19】J医科大学、北口デビュー
【20】J医科大学、2年生に突入だ〜
【21】パンダの目 その1
【22】パンダの目 その2
【23】パンダの目 その3
【24】初めての解剖学実習 その1  
【25】初めての解剖学実習 その2 
【26】初めての解剖学実習 その3  
【27】初めての解剖学実習 その4  
【28】恐怖の組織プレパラート試問 その1  
【29】恐怖の組織プレパラート試問 その2 
【30】恐怖の組織プレパラート試問 その3 
【31】恐怖の組織プレパラート試問 その4 
【32】恐怖の組織プレパラート試問 その5 
【33】病棟実習が始まった NEW
posted by ちーひめ at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・雑感・一言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。